【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

【皮膚・排泄ケア認定看護師】学び続けられる環境だからこそ、見えてきたこと 褥瘡予防は看護師の力で!!

オルタネイト
  • 認知症、身体合併症病棟
  • 看護師
  • 職歴17年
  • ー出身

順天堂東京江東高齢者医療センターを就職先として選んだ理由を教えてください。病院選びのポイントは何でしたか?

今後入院患者さんの高齢化が進むため、高齢者の急性期医療に関わりたいと考えました。また、大学の附属病院であり就職後も学び続ける機会が多いのではないかと考え、当医療センターを就職先として選びました。

看護を行う上で心掛けていること、大切にしていることは何ですか?

長年の習慣や価値観など患者さんのこれまでの生活や人生をふまえ、疾患を有しながら患者さんにとって最善の方法が選択できるように考えることを心がけています。

認定または専門看護師を目指したきっかけを教えてください。

新任者の頃から病棟の褥瘡係として褥瘡予防に取り組み、その中で自分の知識が不足していることに気が付きました。知識習得のため褥瘡に関する院外研修会に参加するようになり、研修会で『皮膚・排泄ケア認定看護師』という資格があることを知りました。専門的な知識や技術を学ぶことで、より患者さんの褥瘡が予防できたり、早期治癒したりする支援ができるのではないかと考え、皮膚・排泄ケア認定看護師を目指しました。