【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

学生の時に味わえない看護を知ることが出来て、毎日新鮮です。

オルタネイト
  • 整形外科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • ペイン
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 順天堂大学出身

現在のお仕事について教えてください。

整形外科、婦人科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科の混合病棟で、患者さんの入退院が多い病棟です。高齢者がほとんどで、患者さんに応じて適切な看護を行っています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

たくさんの疾患を抱えた患者さんが、入院中にストレスを感じやすい環境の中で、少しでもリラックスして入院中に笑顔が見られるときに看護師をやっていてよかったと感じています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

「昨日より今日」というように、患者さんに日々良い関わりが出来るように心掛けています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

プリセプター制度が導入されており、新人の研修制度がしっかりしていたためです。

看護学生のみなさんへ!

学生時代には出来ないような体験を日々することが出来、入職してからの方が看護に対する興味は大きくなりました。最初は業務を覚えたり、慣れないことも多くて毎日大変でしたが、半年経つと患者さんとのかかわりについて自分なりの看護観を考えるようになり、改めて看護の楽しさを実感できるようになりました。