【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

看護は十人十色。だからトータルケアが成り立つと思います。

オルタネイト
  • 認知症、身体合併症
  • 看護師
  • 職歴15年
  • 三重県立看護大学出身

現在のお仕事について教えてください。

認知症身体合併症病棟で働いています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

認知症の患者さんは自分の身体に起こっている症状を上手く表現したり、伝えることのできない場合が多く、実際に症状が出た時には重症化していることも多くあります。そういった兆候に早く気付けなかった時には申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

素直に患者さん一人ひとりと、一人の人間として向き合えることです。また、思ったことを良いことも悪いことも言ってくれる患者さんなので、人として成長することができます。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

一般病棟でも認知症の患者さんが入院していることが多く、今後、看護師として認知症についての知識を深めることが看護の質を高めることにつながると思ったためです。

看護学生のみなさんへ!

認知症看護は看護師のケアが活かされる環境だと思っています。皆さんのアイディアを活かして一緒に楽しく認知症看護を行いましょう。