【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

仲間と一緒に日々成長

オルタネイト
  • 認知症、身体合併症
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 横浜創英短期大学出身

現在のお仕事について教えてください。

認知症があり、急性期疾患がある患者さんの看護をしています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

現在の病棟ではあらゆる身体疾患を持つ患者が入院してくるため、認知症のみならず身体疾患についても学べるところにやりがいを感じています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんの背景を知り、その患者さんに合った看護を提供できるよう心がけています。また、認知症患者さんの家族は、認知症に対して戸惑いや不安を感じていることがあるので、家族の話を傾聴し、相談できる信頼関係を築くようにしています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

認知症に興味があり、認知症病棟がある当センターに惹かれてインターンシップに参加しました。インターンシップに来て、驚いたことは、病院と思えないくらい窓が大きく、明るくて清潔感があり、スタッフがキラキラ輝いていたことです。インターンシップの私にも優しくいろいろ教えてくださり、私もこの病棟で一緒に働きたいと思い就職を決意しました。

看護学生のみなさんへ!

臨地実習や勉強が大変でつらい時期があると思いますが、それを乗り越えた時、看護師に一歩近づき、人としても成長しているので、是非頑張ってください。