【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

周りの人たちに支えられて充実した日々を送っています

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 外科
  • 脳神経外科
  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 看護師
  • 職歴9年
  • ―出身

現在のお仕事について教えてください。

消化器内科、消化器外科、脳神経外科、泌尿器科の混合病棟で働いています。主に周手術期にある患者さんへの看護支援を行っています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

最期の時間を在宅で過ごしたいと考えていた患者さんを、他職種や家族、地域の医療スタッフの方々と連携し退院を迎えることが出来た時は嬉しく感じました。医療処置のある寝たきりの患者さんでしたので、家族の受け入れが難しかった事例ですが幾度と話し合いを重ねながら患者さんも家族も納得のいく意思決定が出来たことは、私の中で貴重な経験となっています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんが病気と折り合いをつけながら、これからどのような生活を送っていきたいのか、その思いを大事にしています。そして、その思いを実現できるように看護師としてどう支援してくことが良いか日々考え、関わっています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

学生時代より「高齢者看護」について興味を持っていましたので、高齢者専門病院である当センターを希望しました。また大学の先輩が就職していたこともあり、病院環境(教育体制)が恵まれていることを知り、入職を決めました。

看護学生のみなさんへ!

高齢者専門病院であるため、認知症をはじめ高齢者に特化した知識や技術を学ぶ機会が多くあります。また、看護師として経験を積んでいるスタッフが多く、職場環境にも恵まれとても働きやすく感じています。ぜひ、病院見学にお越し頂けたらと思います。