【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

学びと成長を実感できる恵まれた環境で一緒に楽しく働きましょう

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 外科
  • 脳神経外科
  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 東京都立広尾看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

急性期病院のため、主に高齢者の急性期治療・周術期看護を行っていますが、高齢者が多いため看取りの場に立ち会うこともあります。そのため幅広い分野で看護の知識や技術を学べる環境にあると思います。

印象に残っているエピソードを教えてください。

人工肛門を増設した患者さんの処置の仕方を繰り返し行ったことにより、正しい手技を獲得し自宅に退院することが出来た時は自分の看護のやりがいを感じ、とても嬉しく思いました。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

看護師1年目のときに先輩から「患者さんを自分の親だと思って丁寧に接しましょう」と助言を頂いてから、忙しい業務のなかでも心掛けるように努力しています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

高齢者とかかわることが好きであること、2交代勤務だったこと、通いやすい場所にあることが決め手になりました。

看護学生のみなさんへ!

就職活動は大変だと思いますが、自分が何をしたいのか、どうなりたいのかなど自分と向き合うことが出来る大事な時期だと思います。看護師としてだけでなく人としても成長できる自身にあった就職先を見つけられるように頑張ってください。