【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

仕事は謙虚に実直に、目標を持って一生懸命努力する

オルタネイト
  • 認知症、身体合併症
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 大分東明高等学校出身

現在のお仕事について教えてください。

認知症身体合併症病棟に勤務しており、病気に伴う身体的ケアの他に日常生活が円滑に過ごせるようなケアを行っています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

入院当初、認知症に伴う精神症状が著しい患者さんが、内服調整などの治療はもとより、スタッフの関わりや対応をとおして日に日に落ち着きや笑顔を取り戻していき、無事に退院できたときは嬉しかったです。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

どんな仕事にも通ずることかもしれませんが、「焦らず、慌てず、丁寧に」を心掛け毎日の仕事に取り組んでいます。忙しいときほど、落ち着いて立ち止まる時間をつくり自分に言い聞かせるようにしています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

以前、透析室で勤務しており、その際に認知症患者さんに出会う事が多くありました。私自身、認知症患者さんへの対応に不慣れで上手くできないことにもどかしさを感じていました。そのような経験を通して、認知症患者さんが安心できる関わりとは何かということを学びたいと思い、認知症専門病棟がある当センターを希望し、就職しました。

看護学生のみなさんへ!

躊躇せず、自分の興味があることにどんどん挑戦し、自分の肌で感じ、いろんなことを経験する分だけ成長し、輝けると思います。先輩看護師として、未来の看護師のみなさんを応援しています。