【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

高齢者看護について学べる場だと思います!

オルタネイト
  • 整形外科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • ペイン
  • 看護師
  • 職歴5年
  • 埼玉県立大学出身

現在のお仕事について教えてください。

循環器、脳神経内科、膠原病内科。高齢者総合診療科の内科混合病棟に勤務しています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

気切などの医療処置が多い患者さんでしたが、ご本人と家族の希望もあり自宅退院となりました。家族へ在宅指導を行い、地域とも連携をとり自宅へ退院することが出来ました。その後も再入院することなく、自宅で過ごすことができています。外来で会うと入院中よりも元気な笑顔をみせてくれ、本人・家族・病院・地域と一丸となって頑張ってよかったと思いました。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんのペースに合わせて援助すること、患者さんの気持ちに寄り添って話を聞くことを心掛けています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

学生時代、高齢者看護の実習で認知症の患者さんとかかわったことがきっかけで、高齢者看護に興味を持ちました。当センターは高齢者専門病棟でかつ認知症病棟もあるので、高齢者看護について学べると思い入職しました。

看護学生のみなさんへ!

高齢者医療センターでは、急性期の治療から慢性の疾患まで幅広く学ぶことが出来ると思います。