【順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター】のインタビュー

東京都・大学病院

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター (じゅんてんどうだいがくいがくぶふぞくじゅんてんどうとうきょうこうとうこうれいしゃいりょうせんたー)

患者さんとのコミュニケーションを大切にしています

オルタネイト
  • 神経内科
  • 循環器内科
  • 総合診療科、膠原病内科
  • 看護師
  • 職歴19年
  • 日本大学医学部附属看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

2人の子育てをしながら時間短縮勤務で、日勤業務を行っています。日勤ではスタッフの一人として患者さんを受け持ったり、臨床指導者としてじっしゅうにくる看護学生の指導に関わっています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

高齢で夫婦二人暮らしをしている患者さんへ、自己注射の指導を行った時に、その方に合った方法や手段を考え技術を取得できるように指導を行ったことです。その方の生活を支える看護を考える機会となりました。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんが笑顔になれるように、コミュニケーションを大切にしています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

子育てとの両立をできるようなシステムがあること、高齢社会が進む中で高齢者の看護を学びたかったためです。

看護学生のみなさんへ!

担当する患者さんの看護で悩むことも多いと思いますが、関わりのなかで学べることがたくさんあると思うので頑張ってください。