【新座志木中央総合病院】のインタビュー

埼玉県・一般病院

新座志木中央総合病院 (にいざしきちゅうおうそうごうびょういん)

全ては患者様の笑顔のために!

オルタネイト
  • 人工透析内科
  • 看護師
  • 職歴20年
  • 岐阜市医師会看護学校出身

現在のお仕事について教えてください。

現在、血液浄化療法室で勤務しています。仕事の内容は、主に血液透析を受ける患者様の穿刺、返血、止血や透析中の患者様の看護、生活指導等を行っています。ベッド数は15床で、午前と午後の2回透析を行っています。外来、通院の患者様だけでなく、循環器や脳外科、整形外科等の治療で入院される患者様の透析も行っているため、様々な疾患の理解も必要とされます。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者様に「ダメ」というような否定の言葉を使わないようにしています。患者様の食の好みや食べたいという気持ちを尊重し、リンやカリウムが多い食品でも、ここまでならOKという量を提示し、制限の多い透析食を少しでも楽しめるよう心掛けています。患者様の言動を否定せず、いったん受け入れて話をすることで信頼関係が築けると考えています。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

透析は一生行っていく治療なので、同じ患者様とのお付き合いも長期にわたります。食事や生活面などで様々な制限のある患者様が前向きに、元気に生活でき、QOLを向上できるよう支援できるナースになりたいと思います。