【新座志木中央総合病院】のインタビュー

埼玉県・一般病院

新座志木中央総合病院 (にいざしきちゅうおうそうごうびょういん)

1人1人に深く寄り添う

オルタネイト
  • 慢性期病棟
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 創価大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

就職活動時、300床以上ある総合病院で、慢性期病棟があるところを探していました。合同説明会で話を聞く中で、離職率が低い、教育も個人の成長に合わせて行ってもらえると知り、就職後、自分でも働き続けていけそうだと思いました。そしてインターンシップに参加し、病棟の雰囲気や看護師さんの看護に対する考え方に触れて、「ここで働きたい」と思い、入職を決めました。

現在のお仕事について教えてください。

循環器内科や整形外科など様々な科の患者さんを受け持たせて貰うことができ、勉強になります。認知症の患者さんも多く、認定看護師さんに指導頂きながら対応を学ぶ中で、言い方、目線やタッチングの大切さを感じます。急性期に比べると、処置が少なく、状態が落ち着いている患者さんが多いからこそ、疾患自体だけではなく、患者さん個人にとって何が大切で、何が必要であるのかを考える機会が多いと考えています。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

つまづいたときは病棟の先輩に相談したり、辛いことがあったときは同期に話を聞いて貰ったりしました。病棟全体の優しく温かい雰囲気にも沢山助けられたと思います。自分の成長が遅くて悩んでいたときは、母校のゼミの先生に相談しました。大学の同期に会ったり、同窓会に参加して、勇気をもらったこともあります。人と話をして新しい考え方に触れると、悩みが解決できたり、気持ちが楽になることが沢山ありました。