【東京武蔵野病院】のギャラリー

東京都・一般病院・精神科

東京武蔵野病院 (とうきょうむさしのびょういん)

患者さまの自己決定を最優先にしたケアを提供しています

■看護部理念
・私たちは、医学の進歩発展や、社会の変化に対応し、地域の社会的ニーズや個々の患者さまのニーズに合わせたこころあたたかな看護を提供します。
・個々の看護職員は自己の品位を高め、専門職として誇りと責任を持って看護にあたります。

 患者さまの自己決定を最優先に考え看護しています。看護はチーム医療の中心となって患者さまがより良い方向に向かっていく援助を行います。
ひとり一人の患者さまを理解することは看護の基本です。カンファレンスを通して、自分自身の考えや行動を振り返る機会もあり、そこで自分の成長を感じることができるのです。
手応えを得ることができるからこそ、やりがいも大きな達成感も味わえるのです。
対象理解をし、看護実践していくことにより看護師、さらに人としての自分をより成長させていくことができるのです。

「一緒に仕事に取り組んでいる」一体感があります

 当院では、皆で一緒に仕事に取り組んでいる一体感を味わうこともできます。それは先輩によるサポート体制や、同僚はもとより様々な分野の担当スタッフと、円滑なコミュニケーションを図るための機会を多く設けているためです。様々な場面で患者さま、スタッフなど人と人とのふれあいを感じることができる環境です。もちろん、すべてにおいて楽しいことばかりではありませんが、自分自身で考えて行動し、その手応えを得ることができるからこそ、やりがいも大きな達成感も味わえるのです。
 人と人のふれあいが特に大事な精神医療では、看護の原点を見ることができます。さらにそこで看護を実践していくことにより看護師、さらに人としての自分をより成長させていくことができるのです。

新人看護師の教育システムも充実

 新人看護師教育プログラムはきめ細かく年間約70単位(1単位は2時間)をすべて勤務時間内に組み込んでいます。1年間で基礎的な看護技術を習得し現場で仕事ができる看護師に成長します。新卒の看護師は精神科の専門病院だと身体的な看護技術が習得できなくなると不安を感じる方も多いと思います。
 しかし当院は一般診療科および身体合併症病棟もあり、一般診療科の看護技術の教育プログラムにも力を注いでいますので、安心して勤務できる環境です。精神科看護に興味のある人は、私たちと一緒に成長していきましょう。