【東京武蔵野病院】のインタビュー

東京都・一般病院・精神科

東京武蔵野病院 (とうきょうむさしのびょういん)

やりがいのある看護

オルタネイト
  • 精神科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 金沢大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

当院は救急、急性期から慢性期までのそれぞれの病棟だけではなく、認知症や身体合併症病棟もあり、精神科看護のエキスパートを目指すには環境が整っている病院だと思います。看護学生の受け入れも行っており、教育者としての自分を育てることのできる機会もあります。将来自分が精神科の看護師として何を極めたいのかを、広い視野を持って働くことができる病院であるため、当院に入職したいと思いました。

現在のお仕事について教えてください。

私の所属するE館2階病棟は救急病棟であるため、入退院も多く、重症者も多くてバタバタすることも多いです。しかし、どの先輩も相談しやすく、困ったときにはその都度アドバイスもいただけます。重症者を受け持っている時や、入院が来た際も受け持ちNs一人で負担するのではなく、フォローしあいながら協力しあえる環境です。とても働きやすい環境で、私はこの病棟が大好きです。

印象に残っているエピソードを教えてください。

精神科での勤務は初めてであったので、患者さんとの距離の取り方が難しかったです。配属当初は距離が近いとよく指導を受けました。寄り添って話を聞くことももちろん大切ですが、小さな刺激で不穏になる患者さんもいますし、衝動性が高く、手が出てしまう可能性がある患者さんもいます。言われたくもない言葉を言われて嫌な気持ちになることもありましたし、自分が患者さんの妄想の対象になったりすることもあります。

看護学生のみなさんへ!

精神科看護はどの領域よりもその個別性が重要視される領域だと思っています。目には見えない心の病気だからこそ、心に寄り添う看護の力が一層身につけられると思います。疾患に対する看護だけではなく、その患者さんのセルフケアレベルを考えてどのような介入が必要なのか、どの程度の援助が必要なのかを考えて看護計画の立案を行うので、とてもやりがいを感じられると思い
ます。一緒に働けるのを楽しみにしています。