【生長会】のギャラリー

大阪府・社会医療法人

生長会 (せいちょうかい)

看護の幅を広げながら、着実にステップアップ!生長会独自のキャリアパスシステム

生長会の看護職キャリアパス体系は、自分の現在地を正確に把握できるシステムです。ラダーを申請するときには、自分自身の日々の看護実践がそのレベルで求められていることをクリアでいているか、一つひとつ確認する必要があります。その際、できていないところはこれからの課題として明確になり、できているところは自信に。成長のモチベーションに繋がります。
技術の習得や実務をサポートするプリセプターの先輩とより技術力の高いアソシエイトの先輩がつき、さらに職場全体でのフォローと臨床心理士によるメンタルヘルスケアも行い、一人前になるまでしっかり支援します。
M(ミッション)V(バリュー)P(プライド)を持ち、自律して地域に貢献できる看護師を一緒に目指しましょう!

疾病予防から在宅まで、学びの場も生長会の力をフル活用!

成長の指針となる独自のキャリアラダーには、国が推進している「地域包括ケアシステム」を支えるための教育がすでに組み込まれています。これは、国がこの方針を定める以前から生長会が地域への貢献を実践してきた歴史があるからこそです。
そして、学びの場でも生長会が展開する施設、事業所をフル活用できるのが特色です。急性期の現場にいながら在宅、介護の実際を学んだり、地域の視点から急性期医療の今を経験したりと、看護師一人ひとりの目標に合わせながら、2年目以降もしっかりと成長していけます。
一定期間部署を離れて研修することで、今まで気づかなかった新たなアイデアや獲得できなかった知識や技術を身につけたりできるので、自らのキャリアを考えるきっかけになりますよ。

医療の最前線で活躍する、リソースナース

生長会では、よりよい医療サービスを地域に提供するために多くの専門・認定看護師・認定看護管理者が院内外で活躍中!院内では、各分野の看護のスペシャリストとして、患者さんやご家族へのケアをはじめ、他職種スタッフとの調整、現場スタッフのサポートや教育などを病棟や施設を横断しながら活動しています。
さらに、法人内だけでなく、その専門スキルを地域に還元していくこともリソースナースの大切な役割です。BLSやAEDのデモ体験を実施したり、子どもたちに命の大切さ、看護の素晴らしさを知ってもらうために出張授業も行っています。
ジェネラリストとしてキャリアを積んだ後、その経験を活かしてより専門性を持ったリソースナースという目標にも進んでいくことができるのが生長会の強みです。