【高槻赤十字病院】のギャラリー

大阪府・一般病院・日本赤十字社

高槻赤十字病院 (たかつきせきじゅうじびょういん)

高度で安全な医療を提供し、地域の人々が誇りにする病院となるよう努めます

446床を有する公的医療機関です
他職種協働医療チームの中で発揮される看護の専門性
ラダー取得者には看護部作成バッジをお渡ししています
他職種と交流を図る楽しいイベント開催!(ピンポン大会の風景)

当院ならでは充実した教育体制

~不安なく適応してもらえるように、技術・精神の両面から安心できるサポートを~

 当院では、キャリア開発ラダーで看護実践能力の向上を目指しています。専門職業人としての誇りと自覚を持ち、自律した看護師を目指してきめ細やかな教育研修や新人看護職員ローテーション研修などを行っています。
 新人看護師として、社会人としてスタートする大切な1年目を、不安なく職場に適応し、安全で安心な温もりのある看護を提供できるためのプログラムを整えています。入職時には、1日も早く職場に慣れるようにエルダーがサポート。また、入職時は不安や戸惑いも多いため、希望者には個別に精神的なサポートを行うシステムも作っています。

日本赤十字社近畿ブロック合同訓練

日本赤十字社の重要な活動として、救護活動があります。当院では毎年、年度初めに救護班5班が編成され、災害が起こった時の出動はもちろん、赤十字や地方自治体の主催で行われる救護訓練などに毎年参加し、日々の訓練を積み重ね、救護活動に臨んでいます。看護部としては日々の病院業務も怠ることなく、突然の災害に、即対応できるパワーとしなやかさを養っていくことに努めていきます。
※救護員の登録
救護員の登録にはラダーⅢの取得が必要になりますので、『救急法基礎講習』及び『救急法救急員養成講習』を受講することが義務付けられています。また、事前に救護員としての知識や技術を高めるために、大阪府支部主催の救護員基礎研修・ステップアップ研修会を受講した後に救護班として登録され、こころのケアの研修も救護員の研修の一環となっています。