【大阪府済生会千里病院】のインタビュー

大阪府・一般病院

大阪府済生会千里病院 (おおさかふさいせいかいせんりびょういん)

その人らしさを大切にした生き方を一緒に考えたい (臨床心理士)

オルタネイト
  • 臨床心理室
  • その他
  • 職歴8年
  • 神戸親和女子大学大学院出身

臨床心理士になったのはどうしてですか?

マザーテレサの言葉で、「生まれてきてよかったと思って生きてほしい、死の瞬間でもそう思えるような生き方、死に方をしてほしい」というものが心に残って、より自分らしく生きるお手伝いがしたいと思った。

済生会千里病院では、どんな役割を担っていますか?

新入看護職員への年間を通した支援、職員へのメンタルヘルスケア、全科対応(救急や身体疾患の方も含め)で精神的なフォローが必要な患者さんへのカウンセリング、心理検査(発達検査や認知機能検査、ストレス尺度など)など。

病院以外の職場経験はありますか? また、仕事をするうえで大切にしていることは?

スクールカウンセラーや大学の学生相談室、県の教育委員会で教職員復職支援などを経験しました。
大切にしているのは、困り感や分かってほしい気持ちに寄り添い、その人らしさを大切にした生き方を一緒に考えること。

ON/OFF の切り替えはどうしていますか?

医療機関以外の友達と会うことを意識する。おいしいものを食べて、いっぱい寝る。

看護職へのアドバイスをお願いします。

入職されたら、1年間、職場になじんで上手に能力を発揮できるように、お手伝いをさせていただきます。
お会いできる日を、楽しみにしています。