【横須賀共済病院】のインタビュー

神奈川県・一般病院・国家公務員共済組合連合会

横須賀共済病院 (よこすかきょうさいびょういん)

患者さんに元気と笑顔を分け与えられるような看護師になりたい。

  • 外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 神奈川歯科大学短期大学部出身

印象に残っているエピソードを教えてください。

入職当初は生活援助しかできなかったが、徐々にできるケアや処置が増え、看護師になった実感が沸いてきた時は何とも印象深いです。また、それを先輩などにに認められた時はなおさらです。
また。患者さんが私に対し、「元気に声をかけてくれるから、こっちも元気をもらえるよ」と声をかけていただいたことです。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

患者さんに元気と笑顔を分け与えられるような看護師になりたいと思います。
将来は、患者さんや家族に寄り添う看護をしたいと思っています。患者・家族の思いを聴く、受け止めることを大切にしていきたいです。

看護学生のみなさんへ!

日々の勉強や実習での学びが実践につながります。特に解剖生理の知識や生活援助技術は、入職してすぐから求められます。その場しのぎではなく、一つ一つの知識や技術を実習の時に確実に身につけていけば、臨床で役立つはずです。実習ではケアの多い患者を受け持った方が、経験値は稼げると思います。大変だと思いますが頑張ってください。