【横須賀共済病院】のインタビュー

神奈川県・一般病院・国家公務員共済組合連合会

横須賀共済病院 (よこすかきょうさいびょういん)

焦らず確実に技術を身につけられると思ったところが入職を決めた理由です。

オルタネイト
  • 消化器内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 山辺高校専攻科出身

現在のお仕事について教えてください。

私が所属している消化器内科では日常生活の援助や検温はもちろんのこと、内視鏡的検査・治療の前後の看護、化学療法の実施、腹水穿刺などの処置介助を主に行っています。また定時入院や緊急入院をとることもあるため、自分の中で優先順位を決め、スケジュールを立てながら仕事をしています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

バタバタの毎日ですが、患者さんや家族からありがとうなどの感謝の言葉をいただいたり、元気に退院していく姿をみるとこの仕事をやっていて良かったなと思います。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

就職する病院を考えていたときに、ここの病院で働く高校の先輩に就職先について相談しました。病棟の雰囲気が良く働きやすいと聞き、一度インターンシップに行こうと決めました。そしてインターンシップで来たとき、病棟で働く看護師同士の雰囲気の良さがよく、ここで働きたいと思いました。また1年目の指導・研修がゆっくりなので振り返りがしやすく、焦らず確実に技術を身につけられると思ったところも入職を決めた理由です。

看護学生のみなさんへ!

毎日の学習に加えて臨床実習に試験、国試など学生のうちにやらなければならないことは多く、大変だと思います。早く卒業したいと思うこともありました。しかし現場に出てからも毎日勉強の日々で、学生のうちに勉強しておけば良かったと思うことが多々あるので、できることはしておいた方がいいかもしれません。息詰まることもあると思いますが、決して一人ではないので友達と息抜きをしながら自分のペースでがんばってください。