【横須賀共済病院】のインタビュー

神奈川県・一般病院・国家公務員共済組合連合会

横須賀共済病院 (よこすかきょうさいびょういん)

仕事は優先順位を考えて行動し、間違いのないように確認することを心掛けています。

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 形成外科
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 小諸看護専門学校出身

現在のお仕事について教えてください。

消化器外科で周術期看護をしています。術後腸閉塞などで内科的治療が必要な患者さんやがんの痛みのコントロールで入院する患者さんに対し苦痛を軽減できるよう看護を行っています。

印象に残っているエピソードを教えてください。

印象に残っていることは2年目の夜勤巡視中に心肺停止状態の患者さんを発見したことや、看取りの患者さんとの会話、嬉しかったことは患者さんに声をかけてもらったこと、苦労したことは夜勤帯で看取りの患者さんと術後せん妄の患者さんが重なってしまったこと。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

入院時意識がなかったり、たくさんの管に繋がれていた患者さんが回復し歩いて退院するところ、入院後に必要になった処置の手技を獲得できて退院するところ。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

優先順位を考えて行動すること、間違いのないように確認をすること。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

公立の3次救急。ラダーや認定看護師、専門看護師が多数在籍している、実習を受け入れていて教育体制が整っていそうと思ったから。