【大阪労災病院】のギャラリー

大阪府・一般病院・独立行政法人労働者健康安全機構

大阪労災病院 (おおさかろうさいびょういん)

大阪労災病院ギャラリー情報の紹介ページです。キャリタス看護では、病院や医療機関・施設の求人に関する情報を色々な側面からお伝えしますね。
大阪労災病院ギャラリー情報は就職や転職を考える上でも意外と重要な情報が詰まっていますから見逃さないように確認してみてくださいね。大阪労災病院ギャラリー情報で気になる部分があったら是非、見学や面談する機会があった際には質問してみて下さいね。病院や医療機関・施設の特徴でもある場合も多いので、話のきっかけ作りとしても大事な要素です。

「楽しく、ためになる、退屈しない」研修を目指しています

フォローアップ研修。病院外でみんなでゲームしたり・・楽しいよ
電極の位置を確認中。合ってるかな?
AEDのコードが・・・あわてないで!
築浅(2017年5月)の宿舎でプライベートも充実

誠実で質の高い医療を目指して

 勤労者医療の推進と地域医療の充実を目的とする医療施設として1962年、労働福祉事業団(現・独立行政法人労働者健康安全機構)により設立。
 「誠実で質の高い医療を行い、すべての方々から選ばれる病院に」を基本理念として、
①地域と連携し地域に信頼される急性期医療を行います
②高度で安全な医療に全力をあげてとりくみます
③患者さまの立場と権利を尊重する医療に努めます
④勤労者医療を担ってこれを推進します
⑤働きがいのある職場づくりを推進します
を基本方針としています。
 2011年には地域医療支援病院の指定を受け、2015年に、病院機能への客観的な信頼の証である日本医療機能評価機構の審査(3rdG:Ver.1.1)を更新。さらに、地域がん診療連携拠点病院として、がん診療にも力を入れており、また高度先進医療に従事する病院として、一層の設備充実とスタッフの研鑽に励んでいます。

常に前向きな取り組み 看護外来も好評

 看護にあたっては、一人ひとりが「看護の責任を自覚し専門的かつ良質な看護ケアを提供する」という理念に則って行動し、患者様やご家族・地域の方々に、高品質の看護を提供することを心がけています。
 看護体制は7:1で、チームナーシング変法や固定チーム継続受け持ち制など、適切な看護提供方式を選択しています。
 看護師が行う外来としては、ストマ外来、母性外来、助産師外来、がん相談緩和ケア外来、フットケア外来、リンパ浮腫外来を設置しています。
 また、人材育成には力を注いでおり、クリニカルラダーに連動した院内教育プログラムやトピックス研修を多数展開しています。すべて自主参加であることが特徴です。
 学会や院外研修への参加、大学や大学院への進学も奨励しており、有給休暇や補助金制度などを整備しています。当院は臨床研修病院として多数の研修生を受け入れており、後輩を守り育てる教育文化が定着しています。

仕事への意欲と情熱を育む ゆとりに満ちた労働環境

 質の高い看護を提供するには、私生活が充実していることが大前提というのが私たちの考えです。職員宿舎は、オートロック方式のワンルームマンション。当院から徒歩数分のところにあるため、通勤の負担もありません。
 完全週休2日制で、もちろん年次有給休暇、特別休暇、産前産後休暇・育児短時間制度なども取得でき、保育所も完備。育児と仕事の両立をバックアップします。2017年5月築。

大阪労災病院ギャラリー情報をご覧いただきました皆さんへ

大阪労災病院ギャラリー情報に新しい発見はありましたでしょうか、少しでも興味をもてる内容であれば、資料請求や見学会・インターンシップ等への参加がお勧めです。きっかけは人によって様々ですが、大阪労災病院ギャラリー情報の中で興味をもった内容は、皆さんの就職や転職を考える際に大事な情報の一つにきっとなります。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。