【兵庫県立病院】のインタビュー

兵庫県・一般病院・専門病院

兵庫県立病院 (ひょうごけんりつびょういん)

患者さんの個性を尊重し、寄り添う看護師に。【がんセンター(がん専門)】

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 高知県立大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

がん患者さんは、がんと告げられたことに伴う不安や葛藤、苦痛、治療選択の迷いなど様々な思いを抱いていると考えます。そのような患者さんとの関わりのなかで、緩和ケアをはじめ、こころに寄り添う看護を学びたいと思い、がんセンターを志望しました。

看護師として働く上で、この病院の魅力は何だと思いますか。

がんの診断や治療によりストーマ造設など身体的変化を伴った患者さんが多く、精神的ケアも含めた看護が実施されている点に魅力を感じています。患者さんとの結びつきが強く、退院後に外来受診に来た患者さんが「元気にやっています」と顔を見せに病棟まで上がってきてくれる様子をよく目にします。

この病院のどんなところに働きやすさを感じますか。

教育体制が整っているところです。がん看護や看護技術等に関する全体研修に加えて、病棟ではマンツーマンでわたしたち新人一人一人のキャラクターや進達状況に合わせた知識や技術の指導を受けることができます。また、「困ってることない?」等、先輩方が声をかけてくださるので、困ったときには相談しやすいです。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

手術直後は複数のライン類が留置され、創部痛やしんどさから寝返りを打つことさえしんどく不安の強い状態から、歩けるようになったり、食事摂取ができるようになったりと身体が回復していき、同時に表情も明るくなっていく様子をみれた際にとてもうれしい気持ちになります。

看護学生のみなさんへ!

今はまだ日々の看護業務や身体面の観察で自分自身に余裕がないことが多いですが、患者さんの思いや価値観を大事にして、退院後の生活も見据えた看護を展開できるようになりたいです。今後、看護技術や知識に加えて、サポート資源等の勉強にも励んでいきたいです。