【兵庫県立病院】のインタビュー

兵庫県・一般病院・専門病院

兵庫県立病院 (ひょうごけんりつびょういん)

術前術後訪問に力を入れる、患者さんに寄り添った看護を実践。【加古川医療センター(総合病院)】

オルタネイト
  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 兵庫大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

手術室看護に興味があり、インターンシップでは、手術室の見学を行いました。手術室看護の取り組みとして術前術後訪問に力を入れている事を知り、患者さんを中心とした医療の為に日々勉強し、患者さんと真摯に向き合い努力されている看護師のいる所で働くことで、自己研鑽できると感じ志望しました。

看護師として働く上で、この病院の魅力は何だと思いますか。

様々な勉強会があり、知識の習得ができるところです。専門看護師や認定看護師の方が、研修を定期的に行っており、良い勉強になり、看護師としての技術や知識の向上につながるところです。また、シミュレーション室があり、技術の練習をいつでも自主的に出来る環境が整っているところです。

この病院のどんなところに働きやすさを感じますか。

県立病院は休暇を計画的に取れるので、リフレッシュする時間を作ることができるので仕事のモチベーションが保てることです。また、プリセプターや教育担当の師長がおり、何か困ったことがあれば相談しやすい環境が整っていることも働きやすいと感じています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

できることが増えたり、自分で考えて動くことができたときにやりがいを感じます。また、手術室は患者との関わる時間は短いですが、患者一人ひとりが安全に手術を終了できるために術前から関わり、チームで協力しながら手術をすすめていることにとてもやりがいを感じます。

看護学生のみなさんへ!

加古川医療センターは教育体制が整っており、相談しやすい環境が整えられているので、安心して働くことができると思います。研修も随時行われており、研修での学びを現場で支援を受けながら経験を重ねることで、自身の看護観や看護技術を高めていくこともできると思います。