【成田赤十字病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・日本赤十字社

成田赤十字病院 (なりたせきじゅうじびょういん)

環境の大きい救急病棟だからこそ、心のケアを大切に

オルタネイト
  • 救急病棟
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 日本赤十字看護大学出身

実際に当院で働いてみてどのように感じましたか?

「指導者とサポーター」による教育制度があり、指導者は看護師歴10年前後の技術・知識に長けた先輩が業務上のあらゆる面を指導します。サポーターは2、3年目が行い、新人時代の悩みに寄り添う役割があります。救急病棟であるため、全ての科の急性期患者を看るにあたっての指導は2年にわたり、日勤の一人立ちから夜勤一人立ちまで密に指導いただきます。それぞれの成長スピードに合った指導で安心して業務に取り組めています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私の働く病棟に入院されている患者は皆緊急入院という形で入院されているため、患者自身はもちろん、周りの家族も急な環境の変化に対して衝撃・悲しみなど受け入れに時間がかかる場合もあります。命と直結する患者の全身観察をするとともに、心のケアも大事にするように心がけています。

なぜ看護師になろうと思いましたか?

小学生時に見たテレビドラマがきっかけです。病気を扱うヒューマンドラマで、主人公の心情とそれに寄り添う周りの人たちの関係性が強く印象に残っています。医療に携わりたい、辛い・苦しいという気持ちに寄り添いたいと思い、直接病気の治癒に関わる医師ではなく看護師を目指すようになりました。大学生の間に経験したボランティアを通し、今は「看護師」ではなく「〇〇のような人たちに寄り添いたい」と目標を明確化しています。