【成田赤十字病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・日本赤十字社

成田赤十字病院 (なりたせきじゅうじびょういん)

術後回復に向かう患者さんに接することがやりがいです!

オルタネイト
  • 呼吸器外科
  • 外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 岩手県立大学出身

実際に当院で働いてみてどのように感じましたか?

外科と緩和の混合病棟の配属となり、周術期の管理や術後せん妄への対応、ターミナル期の患者家族への接し方など様々な患者への看護を学ぶことができると考えています。忙しいながらもできなかったことが出来るようになる、術後で回復に向かう患者に接することが出来るため、やりがいを感じることが出来ます。私が所属する病棟は看護師同士の年齢が近く、先輩看護師にも相談しやすいため、困った時にすぐ指導が受けられる環境です。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

私が所属する病棟は外科病棟であり、周術期の患者が多く入院する病棟であるため術後管理に重点的に意識が向いています。特に、術後せん妄となる患者は手術前から環境を整えたり、十分に除痛したりすることでせん妄予防ができると学び、既往や年齢といった器質的要因だけでなく環境整備や疼痛コントロール、広い視野で患者をとらえるよう心がけています。

なぜ看護師になろうと思いましたか?

看護師を目指していた姉の存在が大きいと思います。小学生の頃に姉と一緒に医療ドラマやテレビの特集を見る、看護師だった叔母に話を聞くことで人の健康を支えられる存在、かつ不安や悩みに寄り添うことが出来ると考え、看護師を目指しました。