【成田赤十字病院】のインタビュー

千葉県・一般病院・日本赤十字社

成田赤十字病院 (なりたせきじゅうじびょういん)

日ごろから患者さんへの気配り・声掛けを大切にしています

オルタネイト
  • 産婦人科
  • 総合内科 リウマチ・アレルギー内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 城西国際大学出身

なぜ看護師になろうと思いましたか?

中学生の時に、同居していた祖父が突然脳梗塞で倒れました。
私は学校に行く前にそれを発見し、救急車を呼びました。
元気だった祖父が突然倒れたことに驚きましたが、それと同時に何もできない自分が悔しくてたまりませんでした。
看護師になってこういった人たちを迅速に助けることができるようになりたいと思いました。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんへの気配り・声掛けを大切にしています。
忙しい業務の中でも、患者さんと接する際はバイタルサインだけではなく、その人の表情やキャラクターをみてコミュニケーションをとっています。
また、笑顔を忘れずに丁寧に接することを心がけています。

新人看護師研修や病棟でのサポート体制はどうでしたか?

私の働いている病棟は、実地指導者とサポーターがいて、技術的なことは実地指導者が、精神的なことはサポーターがフォローしてくれています。
また、新人看護師研修は、リフレッシュ研修などもあり、看護技術の指導や講義だけではなく、看護師として働いていく上での自分自身の心のケアの大切さも学ぶことができます。