【東邦大学医療センター大橋病院】のギャラリー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大橋病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおはしびょういん)

東邦大学医療センター大橋病院ギャラリー情報の紹介ページです。キャリタス看護では、病院や医療機関・施設の求人に関する情報を色々な側面からお伝えしますね。
東邦大学医療センター大橋病院ギャラリー情報は就職や転職を考える上でも意外と重要な情報が詰まっていますから見逃さないように確認してみてくださいね。東邦大学医療センター大橋病院ギャラリー情報で気になる部分があったら是非、見学や面談する機会があった際には質問してみて下さいね。病院や医療機関・施設の特徴でもある場合も多いので、話のきっかけ作りとしても大事な要素です。

看護理念:生きる力を引き出し、支える看護をめざして

新病院で一緒に、患者さん・ご家族の心に‘よりそう看護‘を実践しましょう

 地域包括ケアシステム構築において大学病院の果たす役割は大きくなってきています。在院日数が短縮されるなか、入院前から退院後までの生活をイメージした看護が必要となります。そのためには、特定の分野にとどまらず、幅広い知識・技術・能力をもったジェネラリストの存在が重要です。
 看護部では、高度急性期医療に対応でき、患者さんの意思決定を支えられる看護師の育成に力を注いでいます。看護師1人ひとりが「何を大切に看護するか」を考えられるような、きめ細やかな教育プログラムで患者さんの生活を見据えた看護実践が出来る人材、自らキャリアデザインが出来る人材を育成します。

経験豊かなプリセプターに1か月間のシャドーイング研修

 当院では、東邦大学 看護クリニカルラダーレベルⅡbの看護師がプリセプターになります。臨床実践能力の高いプリセプターと、1か月間勤務をともにするシャドーイング研修では、プリセプターの行う患者・家族の安寧を目指したケアの実践と効果を体感することができます。教える側、学ぶ側という概念を取り払い「ともに学び合う」「ともに承認しあう」ことにより、相互の成長、学習効果の向上を目指しています。

「何を大切に看護するか」を思考しながら学ぶ

 新人教育では、看護技術演習やフィジカルアセスメント研修など、すぐに看護実践に活かせる研修をしています。看護部が年間通して計画した教育研修以外にも、新人自らが課題を見出し、その時期に達成したい内容の研修を提案してもらっています。新人が提案した研修を支援し、受け身ではなく自分たちの研修は自分たちで考えるという自主的な研修がやりがいに繋がることを期待しています。
 新人たちは研修のたび、また日々の実践において、「何を大切に看護するか」を振り返り、自己の成長を確認しています。

東邦大学医療センター大橋病院ギャラリー情報をご覧いただきました皆さんへ

東邦大学医療センター大橋病院ギャラリー情報に新しい発見はありましたでしょうか、少しでも興味をもてる内容であれば、資料請求や見学会・インターンシップ等への参加がお勧めです。きっかけは人によって様々ですが、東邦大学医療センター大橋病院ギャラリー情報の中で興味をもった内容は、皆さんの就職や転職を考える際に大事な情報の一つにきっとなります。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。