【東邦大学医療センター大橋病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大橋病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおはしびょういん)

患者さんの反応をキャッチ。看護に活かしたい!

オルタネイト
  • 内科
  • 形成外科
  • 脳神経外科
  • 耳鼻咽喉科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 横浜創英大学出身

現在のお仕事について教えてください。

私は、脳神経外科・形成外科・耳鼻科・糖尿病内科の混合病棟に勤務しています。混合科のため、勉強は大変ですが、様々な疾患をもった患者さんの看護を経験でき、幅広く学べる病棟だと思います。
急性期病院のため、業務が重なった時には、余裕がなく、時にはバタバタしてしまうこともありますが、先輩たちに助けてもらっています。新人ナースのことを常に考えてくれている先輩、上司のもとで働けて良かったと思っています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんと接するときは“笑顔”を心がけています。1年目の研修を通し、患者さんとの関わりについて、深く、実践的に考えてきました。治療に対して積極的な患者さん、手術に対して不安を抱えている患者さんなど、それぞれの思いを抱えた緩患者さんがいます。常に、どう関わっていけばいいのかを考えながら働くことは、時に難しいと感じることもあります。でも、患者さんの一つひとつの反応を捉え、看護に活かしていきたいです。

看護学生のみなさんへ!

看護学生の時は、毎日の授業や実習がとても大変だった事を覚えています。一般大学に進んだ友人を羨ましく思い、“普通の大学に行けば良かった”なんて思ったこともありました。でも、実習を通して患者さんから学ぶこがとても多く、また臨床の場で実習することで、社会経験を積み、勉強になることも沢山ありました。
最終学年になると就活や卒論、国試勉強など、大変だと思いますが、頑張ってください!(2017年1月 記)