【東邦大学医療センター大橋病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大橋病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおはしびょういん)

患者さんやご家族の意思によりそえる看護をめざして

オルタネイト
  • 神経内科
  • リウマチ科
  • 脳神経外科
  • 耳鼻咽喉科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 杏林大学出身

現在のお仕事について教えてください。

私のいる病棟は、脳神経外科・内科、その他の混合病棟です。脳卒中ユニット(SCU)が6床あり、脳卒中の超急性期からみることができます。固定チームナーシングで3チームあります。私はBチームでリウマチ科や耳鼻科の患者さんを担当しています。患者さんやご家族の意思によりそえるような看護を目指して頑張っています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

入職して半年がたちましたが、知らない病態や処置、手術がまだまだ多く、毎日学ぶことがたくさんあります。その中でも忘れてはいけないことは、患者さんが安全に医療処置を受けられることが一番重要であることです。先輩看護師や医師にわからなないことは積極的に質問し、患者さんに安全な看護を提供できるように心がけています。

看護学生のみなさんへ!

看護師として働き始め6か月がたちましたが、様々な患者さんと関わり、日々看護の難しさを感じています。しかし、新人一人ひとりにプリセプターがつき、個人のペースに合わせて指導してくれるので、1年目に必要な手技・知識について学ぶことができています。国家試験に向けて勉強や実習が大変だと思いますが、頑張ってください。(21018.11.記)