【東邦大学医療センター大橋病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大橋病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおはしびょういん)

ICUで患者さん一人ひとりと向き合う。

オルタネイト
  • ICU
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 東邦大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

大橋病院での実習や、インターンシップの際に病棟の雰囲気が良いことを感じました。実際の看護場面や指導場面などを目にすることができ、1年目でも先輩に気楽に質問している様子を見て魅力を感じました。東邦大学のインターンシップは、毎日(平日)行っています。参加時には午前・午後と2つの部署をみることができ、今働いているICUでシャドーイングさせて頂き、全身管理する技術を身につけたいと思い入職を希望しました。

現在のお仕事について教えてください。

現在は、手術後の患者さんや緊急入院した患者さん、人工呼吸器管理をしている患者さんの受け持ちを始めています。見たこともない医療機器に戸惑ったり、違う診療科や疾患の患者さんをケアすることが不安でした。しかし、先輩たちが一から教えてくれるので、安心して患者さんにケアすることができています。さまざまな診療科の患者さんと関わることができ、1人の患者さんと密に関わることができるのは、ICUの魅力だと思います。

看護学生のみなさんへ!

ICUは実習などで見学することもない部署だと思います。急変リスクが高く、重症な患者さんが多いので怖い印象を持つ方が多いかもしれません。患者さん、ご家族の思いを尊重し、ケアをすすめていくことは一般病棟と変わりはありませんが、そばで支える看護師の力はより必要だと感じています。先輩たちは困っているとすぐに声をかけてくれる温かみのある病棟です。ぜひ、インターンシップで体験してください。 H30.12月 記