【東邦大学医療センター大橋病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大橋病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおはしびょういん)

手術室でのやりがいを感じて!

オルタネイト
  • 手術室
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 東邦大学出身

現在のお仕事について教えてください。

手術室で勤務して2年目になり、今現在、整形外科の手術を担当しています。始めは整形外科特有の器械が覚えられず、又、医師とのコミュニケーションの取り方に戸惑うことがありました。しかし、「負けないぞ!」という気持ちで頑張ってやってきました。最近では、器械の管理、術式による調整、医師など他職種とのコミュニケーションも円滑に取れるようになりました。今は整形外科チームの一員としてやりがいを持って働いています。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

手術室では、患者さんとコミュニケーションをとる時間は多くありません。だからこそ、その時間を大切にしています。手術前に患者さんの情報収集を行い、術前訪問で不安等を聴いて丁寧に説明をします。手術室入室から麻酔導入まで傍に付き添い、麻酔がかかっていても手術室を退室するまで声掛けを行っています。術後訪問では、大変な手術を乗り越えた患者さんの労をねぎらい、手術に対して安心してもらえるように心掛けています。

看護学生のみなさんへ!

実習や試験など忙しいと思いますが、いっぱい遊んで感性を磨き、いっぱい勉強して下さい。手術室で働くようになって、国家試験の為に勉強したことが、手術室では大変重要だったと気付かされました。学生時代に使ったテキストを使い、解剖生理など勉強をしなおしました。国家試験の勉強は実践に役立ちます。今の勉強はむだになりませんので、頑張ってください。 H30.12月 記