【東邦大学医療センター大橋病院】のインタビュー

東京都・大学病院

東邦大学医療センター大橋病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーおおはしびょういん)

患者さんの満足度を高められる看護を

オルタネイト
  • その他
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 武蔵野大学出身

現在のお仕事について教えてください。

 全科混合の個室病棟で働いています。内科・外科を問わず、たくさんの方が入院されるので、幅広い知識と技術が必要となります。現在3年目になり、今年は初めてプリセプターの役割を担い、後輩との関わり方も学ぶことができました。業務以外では、昨年から看護研究チームの一員として、活動をすすめており、論文作成に向けて努力しています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

 学生時代の実習施設が大橋病院でした。大橋病院以外の病院に実習で行きましたが、一番アットホームな雰囲気で、実習生に対しての温かい指導や看護師と医師の良い関係性を見て、学生時代から就職しようと決めていました。実際に働いてみても、雰囲気は変わらず優しく、時には厳しく指導してくれる先輩と、支え合える同期、大切な後輩と一緒に、のびのびと働くことが出来ています。

へこたれた時に立ち直れたきっかけやコツは?

 同期の仲間が支えになっています。一緒に入職した仲間が頑張っている姿を見ると元気がもらえます。勤務後に食事に行くこともあり、近況報告や悩み相談をしています。みんな同じ悩みを抱えているんだと気づいたり、解決できた経緯を聞くことで、お互いに励ましながら、前に進むことが出来ています。頑張って仕事をしていく上で、その友人たちとの会話や食事をすることが、なくてはならない時間です。 (2016年2月 記)