【東邦大学医療センター佐倉病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東邦大学医療センター佐倉病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーさくらびょういん)

同期や先輩に支えられ、自分自身の成長を日々感じています

オルタネイト
  • ICU・CCU
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 千葉県立保健医療大学出身

現在のお仕事について教えてください。

集中治療が必要な患者さんを対象に、全身状態の観察、日常生活の援助、精神的苦痛の緩和、治療における医師の介助などを行っています。また患者さんのご家族の精神的なケアも行っています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

重症患者さんが、治療によって回復していく中、看護師として携わらせていただき支援を行えることや、状態が改善しICUを退室した患者さんが、退院時にICUへ元気に退院する姿を見せに来てくれたときに喜びとやりがいを感じます。また勉強したこと、日々の勤務で得た経験が、現場での自信に繋がるので、学べば学ぶだけ、力になっていることを実感でき、やりがいとなっています。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

重症患者さんが入室する病棟であり、治療が優先される現場です。だからこそ患者さんの思いや希望によりそい、患者さんが本人らしく治療に臨めるように、看護師としてどのような支援が行えるのか、多職種とどのように連携していくのが良いのか、常に患者さんにとっての最善を考えられるような看護師になりたいと考えています。   【2016年度記載】