【東邦大学医療センター佐倉病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東邦大学医療センター佐倉病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーさくらびょういん)

同期や先輩に支えられながら、毎日頑張っています。

オルタネイト
  • ICU/CCU
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 了徳寺大学出身

現在のお仕事について教えてください。

集中治療が必要な患者さんに対して、全身状態の観察や清潔ケア、医師の診療の介助などを主に行っています。人工呼吸器を装着している患者さんや透析を行っている患者さんもいるため、器械の管理も重要です。そして、苦痛や不安を訴えている患者さんには、少しでも痛みが軽減できるようケアをすると同時に患者さんの気持ちによりそうことを大事にしています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

重症な患者さんが多いため、患者さんと直接的なコミュニケーションをとる機会は多くありません。そんな中、話ができる患者さんから「ありがとう。」と言われた時は、自分の関わりでよかったんだ!と自信が持つことができ、とてもうれしく感じます。
また重症患者さんの状態が、少しずつ回復していく姿や、一般病棟へと退出する患者さんを見ると、とても嬉しく感じます。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

重症な患者さんが多いため、一つのミスが命に関わってしまいます。患者さんに、安全に看護が提供できるように一つひとつ責任を持って行動するように心掛けています。
また意識のない患者さんであっても、必ず声かけを行い、患者さんが常に安心を得られるように心掛けています。
(2018年12月記)