【東邦大学医療センター佐倉病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東邦大学医療センター佐倉病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーさくらびょういん)

忙しい中でも患者さん一人ひとりによりそう看護を目指して

オルタネイト
  • 呼吸器外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 聖徳大学出身

現在のお仕事について教えてください。

消化器外科・内科の混合病棟で働いています。
チームメンバーの一人として患者さんを複数受け持ち、清潔ケアや手術や検査前後の準備や看護を主に行っています。また、終末期の患者さんも多く、最期までその人らしい生活が送れるように考えながら、看護をしています。忙しい病棟ですが、日々それぞれの患者さんにあった看護が行えるように、先輩たちに助けてもらいながら頑張っています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんとの関わりや、ケアが上手く出来ずに落ち込むことがあります。そんな中でも、私の行った看護ケアや関わりによって、患者さんに良い変化があった時、患者さん・ご家族から「ありがとう」という言葉や「笑顔」をいただくと、頑張って良かったとやりがいを感じます。また、知識や実施できる技術が増え、少しずつですが自分の成長を感じることができ、それもモチベーションにつながっています。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

まずは、経験をたくさん積み、今の病棟で一人前の看護師になることが目標です。そして日々看護を行いながら、患者さんに合った看護を提供できるように努め、「あなたになら話してもいい」、「あなたが担当の看護師で良かった」と言ってもらえるような、患者さんから信頼される看護師になりたいです。
患者さんの辛さや不安を受け止められる看護師になれるよう、日々成長していければいいと思っています。(2018年12月記)