【東邦大学医療センター佐倉病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東邦大学医療センター佐倉病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーさくらびょういん)

患者さんによりそう看護を目指して日々努力しています!

オルタネイト
  • ICU/CCU
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 東京女子医科大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

インターンシップで実際に病院を見学し、この病院で働きたい!と思えた病院だったからです。
病院の雰囲気や先輩が働いている様子を実際に見ることは非常に大事なことだと思います。ここにしようと思っている病院や悩んでいる病院があったら、まずはインターンシップに行き、自分の目でみて確かめてみてください。そして本当に自分に合った病院を是非探してみてください。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

患者さんが安心して入院生活を送れるよう、患者さんの思いを傾聴し、その思いに添えるように心がけています。
患者さんは治療を目的に病院に入院されていますが、患者さんが生活する場所でもあります。自宅のような環境をつくることは難しいですが、自宅と同じように休息がとれるよう、環境を整えることは看護師の役割だと思います。
重篤な患者さんが多いので、環境整備など細心の注意を払って行っています。

看護学生のみなさんへ!

看護学生は勉強することが多く、実習でも緊張感+課題も多く、大変だとは思いますが、国家試験に合格すれば看護師として患者さんのために働くことができます。
看護師は大変な職業だと思いますが、やりがいのある仕事です。看護師になっても日々勉強ですが、学生時代の勉強が基礎となっていることを実感しています。決して無駄な勉強ではありません。理想とする看護師像を目指し、一緒に頑張りましょう!(2018年12月記)