【東邦大学医療センター佐倉病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東邦大学医療センター佐倉病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーさくらびょういん)

“いつも明るく丁寧に!” を心掛けています!

オルタネイト
  • 産科
  • 助産師
  • 職歴1年
  • 帝京平成大学出身

現在のお仕事について教えてください。

妊娠・分娩・産後のサポートを行っています。
妊娠中は分娩に向けてのケア・支援を行い、産後であればご自宅に戻った際、スムーズに育児を行うためのサポート体制が整えられるように関わっています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

妊娠期から関わっている方に、分娩や産後のサポートに関する保健指導を行い、「とても役にたった」と言われたことがあります。その時は嬉しくて達成感とやりがいを感じました。
産後の方への保健指導を行う際は、自宅に戻った時のことを考えてアドバイスをするように心がけています。喜んでいただくことが多く、やりがいを感じています。

看護師として「こうなりたい」というビジョンを教えてください。

看護師として、助産師として、患者さん・ご家族によりそえるような看護を提供したい、と思います。患者さんが私を信頼して話したり相談してくれたことに耳を傾け、思いに添ったサポートができる看護者でありたいと思っています。
(2019年10月記)