【東邦大学医療センター佐倉病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東邦大学医療センター佐倉病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーさくらびょういん)

大変な時もあるけれど、やりがいを感じながら仕事ができる職場です♪

オルタネイト
  • 消化器内科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 共立女子大学出身

現在のお仕事について教えてください。

急性期の患者さんに対しては、主に周術期の看護を行っています。術前は患者さんの不安が少しでも取り除けるように、術後は経過観察・疼痛コントロール・術後合併症の予防を含めた看護をしています。慢性期の場合、終末期の患者さんも入院されているため、状態観察はもちろん、苦痛を最小限にするように努め、残された時間を患者さんとご家族がゆっくり過ごせるようにサポートしています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

術後疼痛に苦しんでいた患者さんが、少しずつ痛みが軽減し元気に歩いている姿をみると嬉しくなります。また、患者さんから感謝の言葉を頂いた時は、嬉しさと同時にやりがいを感じます。
ある時、手術を受けた患者さんから「一番痛くて辛かった時、そばにいてずっと擦ってくれたから、安心できたし楽になったよ。ありがとう」と言っていただいたことがあります。自分の関わりが患者さんの支えになったことを実感した瞬間でした。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

職場の雰囲気です。看護師1年目は初めてのことばかりのため、分からない事はしっかり確認して行動したいと考えていました。そのため、質問しやすい雰囲気かどうかを重視しました。
佐倉病院は第二次救急指定病院です。慌しいときもありますが、そんな時でも先輩たちは、いつも私たちを見守り、やる気を引き出し、安全を確保してくれました。安心して看護をするためにはとても大切なことだと思っています。2019年12月 記