【東邦大学医療センター佐倉病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東邦大学医療センター佐倉病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーさくらびょういん)

いつでも笑顔!を目指しています

オルタネイト
  • 小児科
  • 糖尿病代謝内分泌、腎臓内科、血液内科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 東邦大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

看護師として働くならば、慣れ親しんだ地元で地域の方々の手助けがしたいと思っていました。当院はユニット制を導入しており、外来と病棟を分けずに一つの単位で看護をしています。入院前から退院後まで、長期的に患者と関わることができることに魅力を感じました。また、大学病院であること、看護師や病棟全体の雰囲気の良さも当院を選ぶ大きな決め手になりました。

仕事をするにあたって心掛けていることはありますか?

業務が重なり忙しいと感じる時でも、患者さんやスタッフと接するときは“笑顔で明るく“を心がけています。
また、先輩たちは“私の目標”です。先輩が行っている看護や、テキパキと仕事をする姿をみることで、言葉だけではない「行動」からも学びを得ています。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

私が幼い頃、癌で闘病している祖母の姿をずっと見てきたことから、癌と闘う患者さんの役に立ちたいと思い看護師になりました。
まだまだできない事も多く未熟ですが、看護師として成長し、将来は終末期患者さんやご家族を支えられる看護師になりたいと思います。
(2020年1月 記)