【東邦大学医療センター佐倉病院】のインタビュー

千葉県・大学病院

東邦大学医療センター佐倉病院 (とうほうだいがくいりょうせんたーさくらびょういん)

日々の患者さん・家族との関わりを大切にしています。

オルタネイト
  • その他
  • 看護師
  • 職歴0年
  • 東京医療保健大学出身

現在のお仕事について教えてください。

ICU・CCUで、集中治療が必要な手術後の患者さんや緊急入院の患者さんのケアを行っています。
また、受持ち患者さんの家族のケアを行っています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

インターンシップでICUに行った際にとても雰囲気が良く、先輩方が優しく丁寧に接してくれました。
学生時代から患者さんの心によりそう看護をしたいと考えており、佐倉病院なら実現できると思いこの病院を選びました。

印象に残っているエピソードを教えてください。

脳梗塞で意識レベルが低下していた患者さんを受け持ちました。人工呼吸器をつけ、複数の点滴を輸液ポンプ・シリンジポンプを使用して投与していました。ご家族は、この状況を受け入れられず、面会せずに帰ってしまったり、面会しても部屋の端でただ患者さんを見つめているだけでした。そこで、患者さんに触れて良いところを説明し、一緒に簡単なリハビリを行うことで、患者さんに笑顔で接するご家族の姿をみることができました。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

患者さんやご家族の方が名前を覚えてくださって、話しかけてくれることがとても嬉しく、私のやりがいでもあります。
また、意識レベルが低下していた患者さんが、回復して一般病棟へ転棟していくのを見ると、集中治療を必要とする段階から、今後の生活を考えていく段階になったのだと嬉しく思います。

将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

私は学生のころから患者さんやご家族の“心によりそえる看護師になりたい”と思っていました。実際働いている中、「心によりそう」とはどんなことだろうと試行錯誤しながらケアを行なっています。
将来は、集中治療室に在室している短期間の中で信頼関係を築き、患者さんやご家族がその時必要としているケアを提供したり、不安や思いを話しやすい雰囲気を持った看護師になりたいと思います。      【2015年度記載】