【東京都立病院】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院

東京都立病院 (とうきょうとりつびょういん)

重症心身障害児(者)の看護

オルタネイト
  • 障害者医療(内科・小児科・眼科)
  • 看護師
  • 職歴4年
  • 札幌市立大学出身

現在のお仕事について教えてください。

所属:北療育医療センター
重症心身障害者の成人医療病棟で勤務しています。重症心身障害者はADL全面に介助が必要で、呼吸管理など医療的ケアが多い患者さんが殆どです。具体的ケアは、経管栄養の注入・食事介助など栄養管理や浣腸・導尿など排泄管理と吸引など基本的な看護ケアです。さらに、人工呼吸器の患者さんも多く、呼吸管理を実践して合併症予防やQOL維持に努めています。整形外科と眼科の手術期看護も担います。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

学生時代から重症心身障害者の領域に関心があり、その看護を学ぶために、北療育医療センターに入職しました。また、都立病院系列は現在10病院あるので、将来都立系の病院内で異動ができ、他の分野の看護も学び自己のキャリア開発ができると考え入職しました。

看護学生のみなさんへ!

急性期ではなく慢性期の患者さんでショートスティとして定期的に入院される病棟ですので、じっくりと患者さんとかかわることができます。また、看護師は色々な診療科を経験してきたベテラン看護師が多いため、気軽に質問でき助言を受けることができる環境です。興味をもった方は、お気軽に病院見学・インターンシップで当センターへにお越しください。お待ちしております。