【東京都立病院】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院

東京都立病院 (とうきょうとりつびょういん)

ローリスクからハイリスクまで幅広く学べ、笑顔あふれる職場です

オルタネイト
  • M-FICU
  • 助産師
  • 職歴1年
  • 埼玉県立大学出身

現在のお仕事について教えてください。

所属:大塚病院
私は、現在M‐FICUで助産師として働いています。処置の介助や入院生活に必要なケア、分娩介助を行っています。少しずつできることは増えてきましたが、まだまだ知識不足、技術不足を実感することもありますが先輩方はとても優しく、丁寧にサポートしてくださっています。日々成長できるようこれからも頑張っていきたいと思います。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

ローリスクからハイリスクまで、周産期全般を学べる総合周産期母子医療センターに勤務し助産師として成長したいと考えていました。その中で様々な病院を検討しましたが、大塚病院のインターンシップに参加して病院全体の雰囲気が温かかったこと、他の病院と比較して経腟分娩率が高いことが入職の決め手となりました。

看護学生のみなさんへ!

就職して初めて病院の雰囲気を感じるのではなく、インターンシップや病院見学に参加し実際に病院内や病棟の雰囲気を自分で感じることは大切だと思います。皆さんそれぞれに合った素敵な職場に出会えるよう願っています。