【東京都立病院】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院

東京都立病院 (とうきょうとりつびょういん)

患者さんの思いに寄り添える看護師を目指して頑張っています

オルタネイト
  • 循環器内科
  • 看護師
  • 職歴2年
  • 東京医療保健大学出身

現在のお仕事について教えてください。

所属:広尾病院
私は循環器病棟の二年目看護師として働いています。業務内容は、患者さんの循環動態の観察、医師の指示に基づく点滴・採血・処置、心電図など検査の実施、退院に向けての日常生活指導、心臓カテーテル検査前のオリエンテーション・検査後の観察・処置などがあります。主に心筋梗塞や狭心症、心不全などの患者さんを受け持ちますが、急変のリスクが高い患者が多く、状態を把握することの大切さを日々感じています

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

広尾病院の病院見学に参加した際に看護師さんが患者さんへ丁寧な受け応えをしていたのを見て、いいなと思ったことがきっかけです。また、私は働き出してから最初の三年間は看護師としての基礎を築くための大切な期間だと考えていました。都立病院では研修が充実していたり、長く働き続けている看護師さんが多いことから、安心して研鑽を積める環境であると感じたことも入職を決めた理由の一つです。

看護学生のみなさんへ!

実際に現場で働いてみると、学生の頃の講義や実習で学んできたことが自分の看護観の基礎になっていると感じます。自分がどんな看護師になりたいかという将来像を学生のうちから考え、それを目指して勉強や実習に取り組むとやる気も出て良いと思います。また、学生のうちに自分が熱中できることを見つけてチャレンジすることも大切だと思います。困難を乗り越えた経験は看護師になってからも役に立ちます。