【東京都立病院機構(現都立病院及び公社病院)】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院

東京都立病院機構(現都立病院及び公社病院) (とうきょうとりつびょういんきこう)

患者さんや家族の方から感謝の言葉を貰えることがとても嬉しくやりがいに繋がっています。

オルタネイト
  • 消化器外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 帝京科学大学出身

現在のお仕事について教えてください。

消化器疾患の外科的治療や化学療法を受ける患者さんが多く入院されています。術前・術後管理としてドレーンの管理やバイタルサインの管理、手術前の状態の把握や手術準備、手術後の創部観察をしています。また、注射や点滴、採血などの一般的な検査で、医師の診察・処置の補助、日常生活の援助を行っています。PNSでその日の受け持ち患者を先輩とペアで受け持ち一緒にみています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

当院はPNSが取り入れられているため一人で悩まずペアの人と相談しながら仕事を行うことができる環境が整っているところが良いと感じました。また先輩の良い点を近くで吸収しやすい環境にあると思いました。そして新人研修制度が整っており知識や技術を丁寧に着実に身につけることができると思い入職を決めました。

看護学生のみなさんへ!

PNSで先輩とペアで動いているため、わからないこと、不安なことはすぐに聞くことや相談することができる環境が整っていると感じています。雰囲気がとても温かく、先輩から声をかけてくれたり話しかけやすいです。一人で悩みを抱え込まずに業務することができ、手厚い指導を受けることができています。同期もたくさんおり、研修では集まる機会があるので話すことで気持ちを共有し支えあいながら頑張っています。