【東京都立病院機構(現都立病院及び公社病院)】のインタビュー

東京都・一般病院・専門病院

東京都立病院機構(現都立病院及び公社病院) (とうきょうとりつびょういんきこう)

いつでも笑顔で患者さんと関わっています!

オルタネイト
  • 地域包括ケア病棟
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 帝京平成大学(ヒューマンケア学部看護学科)出身

現在のお仕事について教えてください。

地域包括ケア病棟に勤務しています。一般病棟から退院に向けてリハビリや転院・退院調整の目的に入院されている患者さんが多いです。 
患者さんの希望をお聞きし、ソーシャルワーカーと連携し、在宅支援を行っています。また、患者さんが退院後、自宅で過ごせるよう歩行練習等リハビリ科と連携を取りながらADL乃拡大を図っています。毎日、患者さん一人一人に合わせた食事介助や清潔援助等日常生活援助をおこなっています。

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

看護学生での臨地実習が大久保病院でした。その時、看護師の方々が温かく患者さんの気持ちに寄り添った関わりをしており、退院に向けて積極的にADL拡大を目指している姿を見て、私もそのような看護がしたいと思い志望しました。また、看護体制がPNSであるため、日々の業務の中でも相談しやすい環境が整っていると思い、入職を決めました。

看護学生のみなさんへ!

コロナ禍出の実習や就職活動、国家試験勉強はとても大変だともいます。今はつらいこともあるかもしれませんが、学生の時に頑張った内容は将来会う患者さんのためになります。自分のことも大切に体調に気をつけて、頑張ってください!臨床の場で会えることを楽しみにしています。