【東京都立病院機構】の看護師就職・転職情報

東京都・一般病院・専門病院

東京都立病院機構 (とうきょうとりつびょういんきこう)

東京都立病院機構 就職・求人情報の概要ページです。キャリタス看護では、東京都立病院機構 就職・求人について詳しくご紹介をし、皆さんの就職・転職活動・キャリア形成をサポートしています。キャリタス看護は、情報を隙間時間でもわかりやすく、スマホからも見やすさを大事にしています。掲載内容は医療機関・施設から直接、寄せられた内容ですから安心して内容をご確認いただけます。東京都立病院機構 就職・求人を更に知ってみたいと思った際には、資料請求・見学会・合同説明会を通じて、エントリーしていただくことがお勧めです。

採用担当者からのメッセージ

都立病院では看護のやりがいを見つけ、キャリア開発できる体制が整っています。頑張るあなたを支援します!

旧都立病院と旧公社病院が一体的になり、令和4年7月から地方独立行政法人 東京都立病院機構が設立されました。

令和6年4月採用の採用選考は、令和5年冬頃当機構のホームページに掲載します。
ぜひご覧ください。

新卒採用要項

募集要項
勤務形態
  • 交代制

変則2交代、3交代

募集職種
  • 看護師
  • 助産師
応募資格

【新卒】看護師資格、助産師資格免許取得見込者で令和6年4月1日現在45歳未満の人。

募集人員

看護師 520名程度、助産師 20名程度

選考方法
面接 個別
その他 適性検査
必要書類
履歴書 所定様式有
成績証明書 看護師養成施設発行、助産師養成施設発行のもの
その他 エントリーシート、成績証明書
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
月額給与

東京都立病院機構における初任給

2022 年 7月 実績

条件 合計 基本給 諸手当
4大卒 296,600円 227,900円 68,700円
3年制卒 292,700円 224,100円 68,600円
2年制卒 287,700円 219,300円 68,400円
助産師 296,600円 227,900円 68,700円
月額給与内訳 上記の諸手当は、夜勤手当、交代制勤務者等業務手当(2交代は4回)です
その他の諸手当 扶養手当、住居手当、通勤手当、超過勤務手当、資格手当、賞与など
勤務時間 3交代勤務(例)
※準夜勤終了後の帰宅者はタクシー代(2,700円を限度)を支給します。仮眠室の利用もできます。
変則2交代制勤務(例)
勤務時間説明
勤務名称 勤務時間 備考
<3交代勤務>日勤 8:30 ~ 17:15
<3交代勤務>準夜勤 16:00 ~ 0:45
<3交代勤務>深夜勤 0:00 ~ 8:45
<変則2交代勤務>日勤 8:30 ~ 17:15
<変則2交代勤務>夜勤 16:00 ~ 9:00
勤務地 東京都内14病院
昇給・賞与 昇給/年1回 賞与/年2回
休日 変則週休2日制(4週につき8日)
休暇 年次有給休暇、夏季休暇、妊娠出産休暇、育児休業、育児時間、保育時間休暇、育児短時間勤務、短時間法人職員、子どもの看護休暇、介護休暇など
福利厚生 加入保険制度 東京都職員共済組合、雇用保険
福利厚生 看護宿舎
全室個室、キッチン・エアコン完備(民間借り上げもあり)
奨学金制度
退職金制度
保育施設
3歳未満(一部6歳未満)、有料、一部24時間保育実施
被服貸与
教育制度
「東京看護アカデミー」卒後3年間で、看護職員としての自立を目指します。採用後3カ月は新人看護職員臨床研修で基礎を習得、その後も各段階で研修もあります。OJT(職場で日常の職務を通じて学ぶ研修)で先輩職員のフォローを受けながら、確実に一つひとつの技術や知識を身につけられるように指導することが基本です
その他福利厚生 東京都職員共済組合と(財)東京都人材支援事業団で職員の福利厚生に関する各種事業を実施

お問合せ先

お問合せ部署

法人本部総務・人事課 人事グループ採用担当

所在地

東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎24階南側

お問合せ部署電話番号

03-5320-5821

E-mailアドレス

hh_saiyou@tmhp.jp

東京都立病院機構就職・求人情報をご覧いただきました皆さんへ

東京都立病院機構就職・求人はご希望の条件と合致しましたでしょうか、少しでも気になる部分があれば、医療機関・施設へのお問い合わせをしてみませんか。資料請求をしていただくのもいいですし、まだ、少し比較検討したいなと思う場合は、気になる機能を使ってみてはどうでしょうか。東京都立病院機構就職・求人について新着情報があった場合には、自動的に通知連絡がありますので常に最新情報を確認することが出来ます。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。