【藤田医科大学七栗記念病院】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

三重県・大学病院

藤田医科大学七栗記念病院 (ふじたいかだいがくななくりきねんびょういん)

 当院は、藤田医科大学の第3教育病院として三重県津市に設立され、学園の「獨創一理」の建学の精神のもと、常に先進的な医療を追求すると同時に患者さまがその人らしく過ごせるような看護を目指してきました。患者さまに寄り添いつつ、リハビリテーション看護、緩和ケアといった専門性を追求する姿勢を持った看護師の育成を行っています。二交替制勤務を開設当初から導入し、末長く勤続できるシステムをとっています。

所在地 〒514-1295 三重県津市大鳥町424-1
病院種別
  • 大学病院
病床数 218床
職員数(看護職員数含む) 350名
看護職員数 173名
看護体系 10:1
募集職種
  • 看護師
勤務形態
  • 交代制
  • 正規職員
  • 看護宿舎
  • 退職金制度
  • 教育制度

病院からのお知らせ

病院見学随時対応致しますので、ご連絡願います。

転職募集要項

募集要項
勤務形態
  • 交代制
募集職種
  • 看護師
応募資格

資格を有する方

募集人員

看護配置の強化

経験年数
不要
選考方法
面接
筆記試験 小論文
必要書類
履歴書
資格免許証コピー
健康診断書
待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
正規職員
月額給与

2018年4月実績

条件 合計 基本給 諸手当
大卒 273,061円(経験に応じて加算あり)  
短大卒 259,328円(経験に応じて加算あり)  
看護学校3年卒 266,080円(経験に応じて加算あり)  
看護学校2年卒 259,328円(経験に応じて加算あり)  
高校専攻科卒 259,328円(経験に応じて加算あり)  
非常勤・パート 時給1,200円~  
月額給与内訳 主要手当内訳 夜間勤務手当(日中4回、夜勤4回)、夜勤割増手当、特別指定衣服手当

大卒基本給 233970円 手当39091円
看護学校3年卒 基本給 227260円 手当38820円
短大卒 看護学校2年卒 高校専攻科卒 基本給 220770円 手当38558円
その他の諸手当 家族手当、家族手当加算、住居手当、通勤手当、特殊勤務手当
勤務時間 二交代制
日勤 8:45~17:00
日中 8:45~21:00
夜勤 20:45~9:00
勤務地 三重県津市大鳥町424-1
昇給・賞与 昇給 年1回(4月) 賞与 年2回(2017年度実績 4.3ヶ月)
休日 年間休日99日
休暇 年次有給休暇 初年度10日 年末年始 四季休暇 指定休(月2回) 特別休暇制度あり
福利厚生 加入保険制度 カフェテリアプラン(2017年度実績 45,000円分) 私学共済 労災保険 雇用保険
看護宿舎
進学・キャリアアップ支援制度
退職金制度
保育施設
被服貸与
教育制度
知識や技術への不安を持った新人看護師に向けた中央研修とセクション研修が充実しています。

病院基本情報

藤田医科大学七栗記念病院
設置体
  • 学校法人

学校法人

病院種別
  • 大学病院
日本医療機能評価機構認定 有 (Ver.5.0)
機能・特質

(財)日本医療機能評価機構認定病院

病床数 218床
職員数(看護職員数含む) 350名
看護職員数 173名
看護体系 10:1
認定看護師
  • 緩和ケア
  • 感染管理
  • 摂食・嚥下障害看護
所在地 〒514-1295 三重県津市大鳥町424-1
交通機関1 近鉄久居駅よりバスで20分
代表電話番号 059-252-1555(代)
FAX 059-252-1383
URL http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL4/
院長 園田 茂
看護部長 中村 純子
外来患者数(1日平均) 35.4名
入院患者数(1日平均) 195名
診療科目数 3科
診療科目
  • 内科
  • 外科
  • リハビリテーション科
  • 歯科
付属施設・関連施設など 藤田医科大学病院・藤田医科大学ばんたね病院

お問合せ先

お問い合わせ部署

事務部 総務課 人事担当

担当者名

西岡

所在地

三重県津市大鳥町424-1

お問い合わせ部署電話番号

059-252-3004

メールアドレス

nishioka@fujita-hu.ac.jp

大学病院について

身につくスキル

大学病院で働く場合に身につくスキルとしては、まず体系化された教育環境の中で働くことによって身につくスキルそのものが大きな特徴であると言えます。大学病院においては、体系化された教育内容が提供されていることも多いようです。その環境の中では、高度な医療・看護を含め専門性の高い内容まで医療知識・技術の習得が可能です。また、医療機関にもよりますが、シミュレータなど看護技術の習得のために必要な最新機器が充実した環境である場合も多く存在しています。一方で業務の分業化が進んでいるために患者さんへの処置などにおいてその殆どを看護師が対応するわけでもない場合もあるようです。また、大学病院自体は広い範囲での医療を提供しているものの組織自体が大きいために一人の出来ることは限られてしまい、スキルが深く狭くなってしまう場合もあるようです。

特徴

一般的に、大学病院の特徴は、臨床における診療機能のみでなく研究・教育を行う大学の附属施設である場合が多く存在しています。そのため、大学病院は教育・診療・研究の各機能を併せ持った施設であると言えます。実施されている診療内容についても専門性の高い高度な医療技術が多くあり、設備環境も整っていることが多いのも特徴的です。そのため、大学病院で医療従事する場合は、専門性の高い業務をすることが多いことも特徴的と言えます。また、大学病院は、医学・歯学に関する学部に附属している場合が多くありますが、看護・医療技術・リハビリテーション・薬・福祉系大学(又は学部等)を要する大学の附属施設となっていることもあります。