【千葉大学医学部附属病院】のギャラリー

千葉県・大学病院

千葉大学医学部附属病院 (ちばだいがくいがくぶふぞくびょういん)

千葉大学医学部附属病院ギャラリー情報の紹介ページです。キャリタス看護では、病院や医療機関・施設の求人に関する情報を色々な側面からお伝えしますね。
千葉大学医学部附属病院ギャラリー情報は就職や転職を考える上でも意外と重要な情報が詰まっていますから見逃さないように確認してみてくださいね。千葉大学医学部附属病院ギャラリー情報で気になる部分があったら是非、見学や面談する機会があった際には質問してみて下さいね。病院や医療機関・施設の特徴でもある場合も多いので、話のきっかけ作りとしても大事な要素です。

看護師の能力が生かされる環境があります

 本院は、緑豊かな高台にあり、年間を通して温暖な気候に恵まれています。患者デイルームからは、東京湾や富士山、筑波山などの眺望も楽しめます。病院のある亥鼻キャンパスは、医学部や看護学部、薬学部や附属図書館、研究施設などがあり、たいへん活気があります。
 本院の使命と役割は、患者さんの意志を尊重した安心・安全な医療の提供と、先進医療の開発や将来を担う優秀な医療人の育成です。職員一人ひとりがそれぞれの役割を果たすと共に、チーム医療の推進に努めています。
 患者さん中心の医療に向けて行ってきた病院機能の拡充は、病棟の新設と既設棟の全面改修、大規模災害時に避難・収容場所となるホスピタルストリートを備えた新外来棟の新設等を経て、2016年に周産母子センターが始動しました。2021年1月には高度救命救急センターが開設し、急性期医療の場が拡充することで、看護師の活躍の場がさらに広がっていきます。

看護の専門性を発揮して、患者さんの「じぶんらしく生きる」を支えます

 看護部の理念「『じぶんらしく生きる』を支え、未来をつくる」をもとに患者に寄り添い、持てる力を発揮できるような支援に日々取り組んでいます。
 在院日数が短くなった今、入院中に予定通りに治療を終えて患者さんの望む生活に戻るためには、必要な看護がタイムリーに計画され、継続して実践されることが重要です。当院では、受け持ち看護師を中心に、チームで補完しながら継続看護が提供できる看護体制を整えています。
 また、私たちは、高度急性期医療の現場だからこそ、コミュニケーションを大切にしています。様々な職種が専門性を発揮するために、お互いを理解し合うために「話す」ことで心を通わせています。

一人ひとりに合わせた指導で、実践能力を確実に習得

 本院では専任の教育担当者を7名配置し、新人看護師がスムーズに職場環境に適応し、スキルアップが図れるように支援しています。担当者が看護技術、メンタル面の両方をしっかりサポートしていきます。
 国内最大級のトレーニング施設、クリニカル・スキルズ・センター(CCSC)では、様々なシミュレーターを用いた技術トレーニングやチームアプローチシミュレーションを実施しています。初めての看護技術は、CCSCや各部署で指導者のもと十分に練習し、技術の習得後に自信をもって患者さんに実施することができます。また、部署の教育担当副看護師長やプリセプター、シニアプリセプターも新人の支援を行っています。
 さらに、教育担当者や専門・認定看護師が資格の取得や大学院進学などについての相談にも応じています。

千葉大学医学部附属病院ギャラリー情報をご覧いただきました皆さんへ

千葉大学医学部附属病院ギャラリー情報に新しい発見はありましたでしょうか、少しでも興味をもてる内容であれば、資料請求や見学会・インターンシップ等への参加がお勧めです。きっかけは人によって様々ですが、千葉大学医学部附属病院ギャラリー情報の中で興味をもった内容は、皆さんの就職や転職を考える際に大事な情報の一つにきっとなります。新卒看護師の就職・求人情報や、看護師の転職・求人情報について豊富に取り扱っているキャリタス看護を是非ご活用下さい。