【武蔵野赤十字病院】のインタビュー

東京都・一般病院

武蔵野赤十字病院 (むさしのせきじゅうじびょういん)

笑顔でいきいきと働いている姿は安心に繋がります。

  • 神経内科
  • 脳神経外科
  • 耳鼻咽喉科
  • 歯科口腔外科
  • 看護師
  • 職歴1年
  • 長岡赤十字看護専門学校出身
  • オルタネイト
  • オルタネイト
  • オルタネイト

一人の人間として関わること

患者様一人ひとりを患者としてではなく、一人の人間としてとらえ、関わるように心がけています。疾患や病状だけではなく、対象のバックグラウンドにも目を向け、個別性に合わせたケアが提供できるように日々考えています。特に高齢者の方は、環境の変化に適応することが難しい場合が多いため、より自宅での生活を入院中も継続できるように患者家族とも相談しながら看護を実践しています。また、対象の苦痛が少しでも緩和され、一日でも早く回復することができるようにその人にとって何がベストなのかを常に病棟スタッフで相談しながらチームで看護を実践しています。

病院選びは自分の感性を信じて

就職の際の病院選びで重視した所は、職場の雰囲気です。候補の病院に直接足を運び、自分の肌で病院の雰囲気を体感し、選択しました。当院に見学に来た際には病棟の雰囲気が明るく、どのスタッフも常に笑顔で患者と接していたり、スタッフ間でも会話が多く情報伝達が密に行われていたりする様子からスタッフが生き生き働いていると感じ、私もここで働きたいと考え就職先に決めました。実際に就職した後も、先輩は気さくで優しく、とても楽しく仕事をすることごできており、当院を選んでよかったと感じています。