【大阪市民病院機構】の看護師(ナース)就職・転職・求人・採用情報

大阪府・一般病院

大阪市民病院機構 (おおさかしみんびょういんきこう)

大阪市立総合医療センター・大阪市立十三市民病院

フォーラム

広く市民に信頼され、人間味あふれる温かな医療を提供する病院をめざします

大阪市民病院機構は、地域に必要な医療を確保し、市民の健康・福祉の増進に資することを使命として、大阪市立の3病院を運営しています。急性期・高度医療に対応する【総合医療センター】を中心に、赤ちゃんにやさしい病院【十三市民病院】、市南部圏の周産期医療を支える【住之江診療所】それぞれが連携し市民の方々の健康を支えています。

住所 〒534-0027 大阪市都島区中野町5丁目15番21号 大阪市都島センタービル5階
【総合医療センター】大阪市都島区都島本通2丁目13番22号
【十三市民病院】大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
病院種別
  • 一般病院
病床数 1,326床
病床数備考 【総合医療センター】1,063床
【十三市民病院】263床
職員数 2,100名

※2018年4月現在、正規職員のみ

看護職員数 1,369名

※2018年4月現在、正規職員のみ

看護体系 【総合医療センター】一般病棟 7対1 【十三市民病院】一般病棟 7対1
募集職種
  • 看護師
勤務形態
  • 交代制
  • 正規職員
  • 看護宿舎
  • 退職金制度
  • 保育施設
  • 被服貸与

ギャラリー

大阪市民病院機構
大阪市民病院機構
大阪市民病院機構

イベント

1

イベント公開中

合同説明会

キャリタス看護フォーラム 大阪会場3月

会場 大阪
場所 グランフロント大阪 コングレコンベンションセンター

採用担当者からのメッセージ

「人間味あふれる温かな医療」を実践できる、意欲のある方を職員一同お待ちしています!

職員採用のキーワードは、3つの"C"です。
◎Challenge(チャレンジ)
常に問題意識を持ち、変化をおそれずに目標に向かって行動できる人。
◎Communication(コミュニケーション)
病院で働くすべての職員と協力し、課題解決にあたれる人。
◎Creative(クリエイティブ)
既存の方法・慣習にとらわれることなく、自由な発想で仕事ができる人。
当機構は、充実した休暇制度や福利厚生で職員をサポートします。また、経年別・段階別に体系化された研修制度や教育体制を整え、職員のスキルアップに積極的に取り組んでいます。当機構でやりがいと成長を実感しながら働いてみませんか。

転職募集要項

募集要項
勤務形態
  • 交代制
募集職種
  • 看護師
応募資格

看護師の免許を有する方

募集人員

10名程度

待遇と勤務
雇用形態
  • 正規職員
正規職員
給与

2018年4月

条件 合計 基本給 諸手当
看護師 268,490円 223,990円 44,500円
月額給与内訳 【諸手当】夜間勤務手当、深夜手当(いずれも2交代で月4回夜勤の場合)
※免許取得後に病院等での業務経験がある場合は、規定により本給に加算があります。
その他の諸手当 通勤手当・扶養手当・住居手当・期末勤勉手当など
勤務時間 2交代、3交代
※下記は一例であり、病棟により異なります
勤務時間説明
勤務名称 勤務時間 備考
2交代/日勤 8:30 ~ 17:00
2交代/遅出 11:00 ~ 19:30
2交代/夜勤 16:15 ~ 9:15
3交代/日勤 8:30 ~ 17:00
3交代/準夜 16:00 ~ 0:15
3交代/深夜 0:00 ~ 9:00
勤務地 総合医療センター、十三市民病院
昇給・賞与 昇給年1回、賞与年2回
休日 4週8休
休暇 年次有給休暇20日、夏季休暇5日、結婚・生理・産前産後休暇、育児時間休暇、子の看護休暇など
加入保険制度 大阪市職員共済組合(医療保険、介護保険)、厚生年金保険、雇用保険、地方公務員災害補償基金(労災保険)
看護宿舎
単身者対象の職員寮あり(冷暖房完備、個室)
奨学金制度
退職金制度
勤続1年以上
保育施設
院内保育所あり(総合医療センター横)
被服貸与
ユニフォーム一式貸与、ナースシューズ支給

病院基本情報

大阪市民病院機構
設置体
  • 独立行政法人

地方独立行政法人

病院種別
  • 一般病院
日本医療機能評価機構認定 有 (【総合医療センター】3rdG:Ver.1.0 【十三市民病院】3rdG:Ver.1.0)
機能・特質

【総合医療センター】救急告示病院(第3次救急医療機関)、地域がん診療連携拠点病院、小児がん拠点病院、大阪府災害拠点病院、総合周産期母子医療センター、ほか
【十三市民病院】救急告示病院(第2次救急医療機関)、市町村災害医療センター、赤ちゃんにやさしい病院(BFH)、ほか

病床数 1,326床
病床数備考

【総合医療センター】1,063床
【十三市民病院】263床

職員数 2,100名

※2018年4月現在、正規職員のみ

看護職員数 1,369名

※2018年4月現在、正規職員のみ

看護体系 【総合医療センター】一般病棟 7対1 【十三市民病院】一般病棟 7対1
専門看護師
  • がん看護
  • 精神看護
  • 小児看護
  • 母性看護
  • 急性・重症患者看護
認定看護師
  • 救急看護
  • 皮膚・排泄ケア
  • 集中ケア
  • 緩和ケア
  • がん化学療法看護
  • がん性疼痛看護
  • 感染管理
  • 糖尿病看護
  • 新生児集中ケア
  • 手術看護
  • 乳がん看護
  • 摂食・嚥下障害看護
  • 小児救急看護
  • 認知症看護
  • 脳卒中リハビリテーション看護
  • がん放射線療法看護
  • 慢性呼吸器疾患看護
住所 〒534-0027 大阪市都島区中野町5丁目15番21号 大阪市都島センタービル5階
【総合医療センター】大阪市都島区都島本通2丁目13番22号
【十三市民病院】大阪市淀川区野中北2丁目12番27号
交通機関1 【大阪市民病院機構・総合医療センター】
大阪メトロ谷町線「都島」駅2番出口から西へ徒歩約3分。又はJR西日本大阪環状線「桜ノ宮」駅東出口から北へ徒歩約7分
交通機関2 【十三市民病院】
阪急電鉄神戸線「神崎川」駅から南東へ徒歩約8分。又は阪急電鉄「十三」駅から北西へ徒歩約12分
代表電話番号 【総合医療センター】06-6929-1221 【十三市民病院】06-6150-8000
URL http://www.osakacity-hp.or.jp/byouin/nurse/
院長 【総合医療センター】瀧藤 伸英
【十三市民病院】大川 清孝
看護部長 【総合医療センター】小砂見 惠子
【十三市民病院】加島 美也
外来患者数(1日平均) 【総合医療センター】1,829名 【十三市民病院】493名
入院患者数(1日平均) 【総合医療センター】840名 【十三市民病院】202名
診療科目数 【総合医療センター】57科 【十三市民病院】16科
診療科目
  • 内科
  • 精神科
  • 神経内科
  • 呼吸器内科
  • 呼吸器外科
  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 循環器内科
  • 小児科
  • 外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 脳神経外科
  • 心臓血管外科
  • 小児外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 産科
  • 婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 麻酔科

ほか

お問合せ先

お問合せ部署

大阪市立総合医療センター総務部総務課(人事担当)

担当者名

看護職員採用担当

所在地

〒534-0027 大阪市都島区中野町5丁目15番21号 大阪市都島センタービル5階

お問合せ部署電話番号

06-6929-3687

E-mailアドレス

bosyu@osakacity-hp.or.jp

この病院に資料請求している会員は、以下の病院に資料請求しています

一般病院について

身につくスキル

一般病院で身につくスキルとしては、オールマイティな医療・看護に関するスキルが身につくことが最も特徴的であると言えます。様々な環境下での看護の提供をすることを求められることが多く、臨機応変な対応力を養うことが可能です。また、医療技術についても幅広い機会に恵まれ様々な習得の機会が多くあるようです。また、看護師としての基礎知識をしっかり学ぶことも可能な場合が多いようです。基本的には、業務の中心は入院患者に対する医師の治療補助がメインであり病棟では、患者さんに寄り添いながら様々な病状の変化に対する対処の仕方や、患者さまの不安を取り除くコミュニケーションの取り方を身に付けることができます。病院によっては急性期から慢性期まで幅広い診療領域の看護経験を積めるので、状況に応じた柔軟な対応能力を磨くことも可能なようです。

特徴

一般病院は多種多様な医療機関がその中に含まれています。住み慣れた地域で、いつまでも健康過ごすための仕組みである地域包括ケアシステム、その中でも地域医療における中核病院として存在していることも多く、急性期・リハビリテーション・在宅療養におけるまで最も幅広くカバーしていることも多くあります。医療機能としては、診療所・大学病院・専門病院・リハビリ施設・介護事業所等と地域との連携を密にしてその地域住民に近い形で医療を提供しています。そのため、患者さんは多種多様で様々な人が対象となる場合も多く、患者さんや場合によっては、患者さんの家族と密接なコミュニケーションを図りながら地域医療を支えていく場合も多くあります。