【奈良県立医科大学附属病院】のインタビュー

奈良県・大学病院

奈良県立医科大学附属病院 (ならけんりついかだいがくふぞくびょういん)

患者さんからの感謝の声が明日への原動力です

  • 消化器外科
  • 小児外科
  • 看護師
  • 職歴3年
  • 森ノ宮医療大学出身

当院を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?

学生時代から周術期看護に大変興味があり、外科を希望していました。また、地域医療にも貢献したいと思っており、生まれ育った奈良県での就職を考えていました。そのため県内で唯一の特定機能病院として高度な医療を行っている点に魅力を感じ、当院に決めました。また病院見学の際も師長から様々な説明を受け、プリセプター制度が整っており、継続的な教育によって高度な技術を身につけられることができると思いました。

就職活動の時、病院選びで一番大切にした点は?

「自分が将来看護師としてどうなりたいか、それに合った病院はどこなのか」を考えることです。気になった病院の病院見学やインターンシップへ行き、現場の雰囲気を味わうことができました。実際に働いておられる看護師の方から直接話を聞ける場面もあったので、病院をパンフレットだけでは分からないところまで知ることができたと思います。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

やはり、一番嬉しいことは患者さんやその家族からの感謝の気持ちを伝えられた時です。「1年目の私でも感謝されることってあるんだ。今までやってきたことは無駄じゃない。」と思うことができ、私の原動力に今もなっています。