【りんくう総合医療センター】のギャラリー

大阪府・一般病院

りんくう総合医療センター (りんくうそうごういりょうせんたー)

看護の向上と進展を目指す教育

理念に基づいた看護師の育成

病院の基本理念
○納得と安心を与える医療を実践します
○良質で適切な医療を実践します
○医療活動を通じて社会に貢献します

看護局の理念
○地域の基幹病院として、急性期、救急、災害の医療ニーズに対応できる質の高い看護を提供します
○患者さまとのパートナーシップを大切にし、そのひとらしさを尊重したケアを実践します
○専門職業人としての倫理観と責任をもち、能力の維持・開発に努めます

病院の理念・看護局の理念に基づいて、地域・社会のニーズに応えられる専門職業人として、質の高い看護師を育成する

看護の質の向上を目指す「急性期ケア推進室」

 看護においては、専門・認定看護師で構成した「急性期ケア推進室」を設置しています。それぞれの専門領域の担当部署を活動拠点とし、急性期の看護の質の向上を目指し取り組んでいます。特に、複雑な看護問題に関しては、「看護管理者」と協働して問題解決を行うシステムにしています。

知識・技術の習得にとどまらず、人としての成長を支援する教育体制

 質の高い看護を提供できる看護師を育成するため、クリニカルラダーを取り入れ教育をしています。
 新人教育は『新人教育ガイドライン』に沿った教育を行っています。他病院の新卒者の教育も受け入れ、お互い切磋琢磨しながら楽しく参加しています。
 基礎教育機関(3年)終了後は、他者に教える(役割を持つ)ことによって自分も成長できるように(プリセプター・学生指導を通して)教育を行っています。また、基礎教育終了後は、自分自身でキャリア開発を行えるように、院内のエキスパート教育(呼吸ケア・循環ケア・救急ケア・救急トリアージナーシング・創傷ケア・がん疼痛緩和ケア・感染管理・糖尿病看護など)と、ジェネラリスト教育として、オンデマンド研修を取り入れたS‐QUE院内研修Eナースを取り入れ、インターネット環境があれば、いつでも・どこでも、誰もが学べる環境を作っています。専門看護師・認定看護師も積極的に育成しています。